賃貸・アパート経営するならプロにおまかせ!口コミで評判の建設会社をランキング形式で紹介します。

東京都で受けられる賃貸経営サポートの内容は?

サラリーマンなど本業がありながらも賃貸経営により財形貯蓄を始めたい人はいるのではないでしょうか。ただ、今まで一度も賃貸経営を行ったことがないと、「物件管理を行う時間的余裕がない」「何をすればいいのかわからない」といったように不安になるのではないでしょうか。そのような方向けに、今回は、管理業務代行サポートを紹介します。

管理業務代行サポートがある

賃貸経営で大家さんが行う業務は、主に、入居者の管理、物件の管理、資金の管理の3つがあります。

入居者の管理

大家さんは、入居者の募集から退去までの業務全般を行います。入居者が決まる前に家賃を決め、入居者が決まったらクレーム対応や契約違反がないかの確認、そして退去時には立ち合い、修繕箇所や敷金の返還などを行います。入居者との間では信頼関係が大切ですが、契約書の内容だけでは解決できない問題も発生します。家賃滞納や騒音・契約違反などが起これば、トラブル解決に専門家に相談し、場合によっては法的措置に発展する場合もあり、入居者の管理は、大家としての経営手腕が問われます

物件の管理

よく手入れされた快適な物件は、入居者は集まりやすく、入居後も継続して住んでもらえる可能性が高くなるため、物件の管理は重要な仕事です。物件の管理には、共有部分や空室部屋の清掃、設備・外装・内装の修理、リフォーム、新設備の導入、防犯性能の向上があります。建物は経年劣化するので、汚れや故障を放置しておくと、後々余計な出費と手間がかかってしまいます。定期的に物件のチェックをして、物件を良好な状態で維持していかなければなりません。空室になっている部屋も、人が住んでいないと劣化が早まるため、定期的に清掃をし、空気の入れ替え、排水管・トイレの水を流すなどの手入れが必要です。

資金の管理

賃貸経営で、収益を確実に上げるためには、経営にかかわる収支やローン返済の管理は徹底しましょう。管理しなければならない収支や管理方法をあらかじめ考えておき、適切な手続き・対応を行えるよう知識をつけておきましょう

委託先の種類

大家の方が行う主な業務を紹介しましたが、サラリーマンや仕事を持ってフルタイムで働いている人にとっては、すべて一人で行うのは、難しいのではないでしょうか。そこで利用したいのが、代行業者への管理の委託です。うまく活用すれば他に仕事をしている人も、賃貸経営ができます。委託先にもいくつか種類があり、主な委託先を3つ紹介します。

不動産管理会社

管理業務の委託先として、多くの方が利用しているのが不動産管理会社です。不動産管理会社とは、入居者の募集や契約取引を担ってくれる不動産仲介業者とは異なり、物件の管理業務を担ってくれる会社のことを言います。物件の管理・メンテナンスとともに、入居者のクレーム対応も対応してくれます。

サブリース

サブリースとは転貸、又貸しとも呼ばれます。自身が投資している物件をサブリース会社に一括で借り上げてもらい、代行料を差し引いた家賃を受け取る経営方法を指します。

サブリースでは、サブリース会社が物件をすべて借り上げるため、経営にかかわる管理から、入居者募集・物件の紹介・入居手続きまですべての業務を委託できます。大家自身での管理はもちろん、仲介業者や管理会社への連絡も一切する必要がありません。すべてサブリース会社が担ってもらえるので、賃貸経営における手間や時間をすべて省略できると言ってもよいでしょう。

また、サブリースは物件に空室や家賃滞納などのトラブルが発生しても収入に影響しない点も魅力です。サブリース会社が物件を一括で借りて運営を行うので、どれだけ物件に空室が続いても常に一定の家賃収入が得られます。さらに、家賃滞納や契約違反の入居者がいた際に、法的措置が必要になった場合には、弁護士の依頼や書類の作成・裁判所での手続きなどすべてサブリース会社が担ってくれます。

税理士

大家個人の資産や収支の管理は、お金に関する業務内容であり、法律や税制度などが複雑に絡み合っており、適切な手続きや専門知識が必要です。そのため、お金関係は、税理士に管理を委託することもあります。

税理士には、毎月の帳簿付けから融資を有利に行う工夫などをお願いできます。規模の大きいマンションやアパートで賃貸経営をしながら本業もあるサラリーマンの方は、資金の管理まで手が回りにくくなるため、顧問税理士として業務を委託する方が安定経営を確実に行え、資金の管理の負担が軽減されます。

また、税制改正が毎年実施される関係から、年々所得税に関する税制は複雑化しています。専門家ではないと理解するのが難しい手続きなどを、税理士にお願いするとよいでしょう。

さまざまなプランがある

委託先の主な例を紹介しましたが、最後に、委託のプランの事例を紹介します。自分が大家業務をどこまでおこなうかに合わせて、プランを選べます。

集金代行プラン

賃料の回収を代行してくれるので、大家の方が、滞納など煩わしい督促をする必要がありません。入居者の募集から契約までの業務も代行してくれます。

滞納保証付きのプラン

委託する内容は集金代行プランと変わりませんが、滞納保証がついており、滞納時の家賃保証がついており、より安心して賃貸経営ができます

一括借上プラン

委託先が、物件を一括して借り上げてくれるので、家主の方は長期的に安定した賃貸経営が見込めます。賃貸経営に関する一連の業務も代行してくれるので、賃貸経営にかけられる時間が少ない人や、賃貸経営について何もわからない人などにとっては安心のプランです。

 

賃貸経営をするには、多くの業務を大家さんが行わなければならず、決してらくなものではありません。しかし、いくつかの専門的な委託先もあり、自分にあった委託先とプランを見つければ、負担なく賃貸経営をすることができます。

【東京】賃貸・アパート経営におすすめの不動産会社ランキングはこちら

サイト内検索
記事一覧

【東京】不動産業者ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社フェダー
エステート
シマダアセット
パートナーズ
株式会社
株式会社セレ
コーポレーション
株式会社
ビーフンデザイン
一級建築士事務所
株式会社シノケンプロデュース
おすすめポイントデザイン性、コストVEの高い賃貸物件を提案需要の高まる高齢者、外国人を積極的に受け入れ若者向け、首都圏に絞って運営している会社建築士ならではのおしゃれな物件づくり首都圏を中心に土地探し、施工、管理業務まで
詳細リンク