賃貸・アパート経営するならプロにおまかせ!口コミで評判の建設会社をランキング形式で紹介します。

賃貸経営に必須の「賃貸不動産経営管理士」とは?

賃貸経営において「賃貸不動産経営管理士ってなに」「取得することでメリットはあるのか」「試験はどんな流れで行われるのか」と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。実際、資格が無くても賃貸経営はできるのに必須な理由が分からないですよね。この記事では、賃貸不動産管理士について概要から試験スケジュールまで紹介します。

賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは、賃貸アパートやマンションの賃貸住宅を適切な知識と技能で管理し、倫理観を持って業務する賃貸管理の専門家です。賃貸住宅を維持、管理していくには住宅に異常はないか適切に判断して場合に応じて補修修繕を行って維持管理していく必要があります。賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の専門的な立場で住民の生活を守ります。

賃貸不動産経営管理士が必要になる理由として、賃貸住宅の管理に関する知識だけではなく、業務を正しく遂行するために一人ひとりの管理士が倫理観を持つ必要があるからです。その倫理観を賃貸不動産経営管理士すべての人に共有するために、倫理憲章が制定されています。倫理憲章では、公共の不動産を取り扱う自覚や使命、法令遵守の精神、守秘義務の徹底などを掲げることで高い倫理観の基礎になっています。

賃貸不動産経営管理士は、2007年に民間資格として創設された資格ですが、近年その注目度や資格の価値が高まっています。2020年6月に制定された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」によって、賃貸不動産経営管理士の社会的重要度が上がり、2021年6月に国家資格化が予定されています。賃貸不動産経営管理士の業務内容は、賃貸住宅の維持管理ばかりではなく、空室対策に入居者の募集や契約に関する手続きなども行う必要があります。

賃貸を経営していくには、入居率を上げないと賃貸経営が成り立ちません。そのため、入居者を集めるための市場調査やターゲットの選定から施策まで行うことも賃貸不動産経営管理士の重要な業務です。入居者が退去する際も、現状の確認をして必要に応じて補修工事の手配や敷金の精算まで責任を持って最後まで行います。

賃貸不動産経営管理士を取得するメリットは?

不動産管理は、特別に資格が無くても業務可能ですが賃貸不動産経営管理士を取得することで業務の幅が広がり入居者からも信頼を得ることができます。不動産関連の法律や住宅設備、修理点検などに関する知識を専門的に身に付けることができます。入居者に対して、資格を持っていない業者との差別化をできるので自身を持って管理業務ができるでしょう。

不動産投資を行う際も、不動産投資に関する知識を持っていることを示せるので、融資を受ける場合も有利になります。住宅の管理や空室対策を行うための知識も得られるので、管理業務ですぐに役に立ちます。不動産業者とビジネスをする場合も、対等に交渉するための賃貸不動産の基本的な知識が得られます。トラブルになった場合も、不動産の法的知識があるので一方的に不利益を生じるのを防ぐことが可能です。

不動産業界の方以外でも、賃貸の契約する時、不動産業者の主導で受け身な賃貸契約を進めてしまうこともありません。退去時にも、敷金の精算や補修費用に関する知識があるのでトラブルを事前に回避できます。学生なら、不動産業界に就職する際の大きな武器になります。2021年6月から国家資格になる予定なので、不動産業界において、「宅地建物取引士」「不動産鑑定士」に並び「賃貸不動産経営管理士」も重要な資格になっていく可能性が高い将来性が非常に高い資格です。

試験申し込みから結果発表までの流れ

賃貸不動産経営管理士試験の試験申し込みから結果発表までの流れを時系列で説明します。年度によって時系列も変動があるので、事前に公式サイトで日程の確認をする必要があります。

8月中旬〜9月下旬 試験申し込み期間

試験案内と受験願書の配布、受験申し込みの受付が開始されます。郵送による申し込みやインターネットからの申し込みも可能です。インターネットでの申し込みは、賃貸不動産経営管理士協議会のホームページにて申し込めます。郵送の場合は、Webで資料請求して受験申込書に必要事項を記入します。そして、受験手数料を振込み、受験申込書に払込受付証明書を貼付し簡易書留で郵送して申し込みます。

11月上旬 受験票の送付

受験票が送付されてくるので、試験会場を確認できます。試験の時は必ず受験票が必要なので、無くさないように保管しましょう。

11月第3日曜日 試験の実施

例年、試験日は11月第3日曜日の13:00〜15:00に実施されます。コロナウイルスの影響により、試験地の感染状況に応じて試験の中止や試験日の変更がある可能性があるので、試験日前に必ず賃貸不動産経営管理士協議会のホームページを確認しましょう。

1月初旬 合格発表

試験の合否は、年が明けた約1ヶ月半後に発表されます。賃貸不動産経営管理士協議会のホームページで合格者の受験番号が確認できます。合格者には、1月中旬に合格通知と登録に必要な書類が送付されます。

 

以上、賃貸経営に必須の「賃貸不動産経営管理士」について紹介しました。賃貸不動産経営管理士は、賃貸管理の知識と技能を有し、高い倫理観を持った専門家です。賃貸の需要と法律の改定により国家資格化の予定があり、不動産業界においての重要度は年々上がってきています。賃貸不動産経営管理士を取得することで、不動産関連の法律や賃貸管理についてより専門的に身に付けることができるので、社会的地位も上がります。賃貸管理者なら入居者からは信頼を得ることができるでしょう。賃貸不動産経営管理士の試験は、おおよその時期は決まっていますが、年度によっては時系列に変動がるので事前に確認することが大切です。

【東京】賃貸・アパート経営におすすめの不動産会社ランキングはこちら

サイト内検索

【東京】不動産業者ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社フェダー
エステート
シマダアセット
パートナーズ
株式会社
株式会社セレ
コーポレーション
株式会社
ビーフンデザイン
一級建築士事務所
株式会社シノケンプロデュース
おすすめポイントデザイン性、コストVEの高い賃貸物件を提案需要の高まる高齢者、外国人を積極的に受け入れ若者向け、首都圏に絞って運営している会社建築士ならではのおしゃれな物件づくり首都圏を中心に土地探し、施工、管理業務まで
詳細リンク