賃貸・アパート経営するならプロにおまかせ!口コミで評判の建設会社をランキング形式で紹介します。

東京の賃貸経営の今後とは?需要のある物件の特徴

全国的に空室率が上がる中、東京都の空室率は低めで、賃貸経営をするには、東京都は魅力的な市場です。東京都で今人気のある物件はどのようなものなのでしょうか。今後の展望とともに、需要のある物件の特徴を紹介します。東京で賃貸経営を始めようか検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ワーキングスペースを確保できる

今までも、テレワークを導入する企業はありましたが、コロナ禍により、自宅で仕事をする人が増え、賃貸住宅であっても、自宅内の仕事環境を整えたいという声が出てきました。このような声に対して、室内に執務スペースがある、共用部にワークスペースが設けられている賃貸物件は今後需要が増えていくと予想されます。

また、テレワークの浸透により、職場の近くに住む必要性が薄れてきました。今後、テレワークの推進が加速すれば、人々の住みたい場所も変わってきます。東京の都心に通勤する人からは、通勤時間を少なくしたいと都心の物件が人気です。そして、不動産の地価や賃貸物件の賃料は、主要駅からの徒歩距離が近いことや利便性が良いほど高くなる傾向にありますが、テレワークが定着して通勤の必要性が薄れると、駅の近くや都心に住む必要性も薄れ、郊外の物件に今まで以上のニーズが出てくる可能性があります。

テレワークに関するアンケートを実施すると、テレワークをきっかけに引っ越しを実施したり、検討したり、希望したりしている人の割合は5割を超えるそうです。また、引っ越しにあたって通勤時間が延びてもよいとする人も5割を超えているそうです。働き方が変わることにより、自宅で仕事をできる間取りや設備の整った物件の需要の高まりが予想されます

多言語に対応できる業者に依頼する

外国人の入居希望も増加しており、外国人の受け入れも賃貸経営の成功につながる可能性があります。東京オリンピックや円安の影響で、外国人観光客が増加し、外国人留学生の数も増加してきています。2010年には14万人だった外国人留学生の数は右肩上がりに上昇しており、2019年では約31万人と倍以上になりました。外国人留学生をターゲットに、空室対策をすることは有効な手段の一つです。

外国人を入居者として迎える時に想定されるリスクは、急な失踪、家賃を数カ月滞納された後に、家賃や退去費用も受け取れないまま帰国されてしまうことが挙げられますが、借主の連帯保証人になってくれる保証会社を利用することで対策が可能です。入居時に、外国人入居者も対応している家賃保証会社と契約することを義務付ければ、こうしたリスクに有効な対策となります。

次に、外国人入居者を受け入れる際に課題となるのは言語です。外国人を入居者として迎え入れた場合、入居時の手続きだけでなく、居住後の連絡などで意思疎通がうまく図れず、トラブルを引き起こしてしまう場合があります。

この問題を解決するために重要になるのが管理会社です。管理会社は物件の維持や管理をし、入居者が住んでいる間、トラブルなどの対応をするのが仕事です。現在は、多言語対応が可能で、海外からの入居者に対応できるスタッフが多数在籍している管理会社もあり、管理会社に委託することで、入居後のトラブルを未然に防ぐリスクヘッジとなります。外国人入居者を受け入れることで想定される課題に対し、対策を取ることで他の賃貸物件との差別化につなげることができるでしょう。

単身世帯用の物件がある

単身者用物件の需要も増加する可能性があります。その背景と一人暮らしの人がどのような物件を好むのかの一例を紹介します。

2020年時点での生涯未婚率は男性約26%、女性約17%で、近年は過去最高を更新し続け、今後さらに増えていくと言われています。このデータが示すように、日本全国の単身世帯が増加傾向にあり、2025年には、全ての都道府県で単身世帯が最多になることが予想されています。このデータから読み取れるのは、賃貸物件の需要においても影響があると推測され、単身者のニーズを踏まえた対策が求められるでしょう。

一人暮らしの方が求める間取りはどのような、間取りなのでしょうか。2017年に実施された一人暮らしに関するアンケートでは、一人暮らしの間取りの傾向を10年前と比較すると、1Rが減り、複数部屋がある2K以上が増えているそうです。一人暮らしをターゲットにした賃貸経営を行う際には、参考にするとよいかもしれません。

先ほどテレワークができる物件の需要が高まっていることを紹介しましたが、テレワークが進み、都内の賃貸物件でテレワークをする一人暮らしの社会人(25~35歳)が、居住空間に必要と思う設備第1位は「Wi-Fi」です。一人暮らしをする人にとっても、テレワークに適した物件かどうかは賃貸住宅を選ぶ際に重要なポイントになっています。

また、現在の住まいでも、インターネット回線が遅いなどネット環境にストレスを感じる人も多いというアンケート結果も出ております。単身者が全国的に増え、単身者用物件の需要が高まっていることから、単身者が求める間取りや設備を整えるのもありではないでしょうか。

 

東京の賃貸経営を取り巻く環境に対応するポイントとして、テレワークができる間取り・設備であること、外国人が入居できること、単身者のニーズに応えることがあります。的確にニーズを把握し、差別化することで、増える需要を取り込むことができます。

【東京】賃貸・アパート経営におすすめの不動産会社ランキングはこちら

サイト内検索
記事一覧

【東京】不動産業者ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社フェダー
エステート
シマダアセット
パートナーズ
株式会社
株式会社セレ
コーポレーション
株式会社
ビーフンデザイン
一級建築士事務所
株式会社シノケンプロデュース
おすすめポイントデザイン性、コストVEの高い賃貸物件を提案需要の高まる高齢者、外国人を積極的に受け入れ若者向け、首都圏に絞って運営している会社建築士ならではのおしゃれな物件づくり首都圏を中心に土地探し、施工、管理業務まで
詳細リンク