賃貸・アパート経営するならプロにおまかせ!口コミで評判の建設会社をランキング形式で紹介します。

失敗を回避しよう!賃貸経営で起こりうる失敗とその対策

賃貸経営を始めるにあたって、あらかじめどのようなリスクがあるか把握しておくことは非常に大切なことです。この記事では、空室が埋まらない、入居者トラブル、家賃滞納、アパートの老朽化、資産価値の低下、自然災害など、賃貸経営の失敗につながりうるリスクの内容と対策について解説します。賃貸経営で悩んでいる人は、参考にしてください。

空室が埋まらない

賃貸経営をする上でもっとも避けたいのが「入居人0名、空室率100%」という状況です。入居者がいなければ家賃収入もありません入居者が決まらない限りは、家賃収入で返済予定だった月々のアパートローン返済が家計を圧迫し続けてしまいます。その状態が続くと、最終的には資金繰りが難しくなって物件を手放すことになりかねません。

なかなか入居者が決まらない場合は、まずは家賃の見直しをしてみましょう。周辺の家賃相場とかけ離れていると、当然入居希望者は集まりにくくなります。地域の相場を確認して、家賃を相場と同程度もしくは少し安めに設定して入居希望者を集めましょう。

また、不動産会社や客付け会社の変更も効果的です。不動産会社の営業方法を比較して、熱心に広告を打ち出しており、客を引き付けるスキルがある不動産会社に任せるとよいでしょう。

入居者トラブル

入居者トラブルのなかで代表的なものとして、騒音トラブルがあります。騒音の感じ方には個人差があり、独身、小さい子どものいる家族、日中仕事をしている人、夜仕事をしている人、ペットを飼っている家庭、飼っていない家庭などによって異なるでしょう。

世帯構成やライフスタイルの違う人が同じアパートに入居することで起こりやすく、ひどいケースでは事件にまで発展することもあります。騒音に起因する近隣トラブルで、退去者が増えてしまうことは避けたいところです。

入居者トラブルをすべて防ぐことはできませんが、騒音トラブルはあらかじめ各部屋の防音性能を高めておくことで発生リスクを減らせます。また、クレーム処理能力の高い管理会社に管理を任せておくと、トラブルが起きたときも問題が大きくなる前に対処してもらえるでしょう。

家賃滞納

入居者の中には、家賃を滞納する人もいます。全入居者のうち5%程度は家賃を滞納するといわれているため、健全な賃貸経営のためには家賃滞納対策を講じておくことも重要です。家賃滞納が続くと、入居者がいるにもかかわらず収支が赤字になってしまいます。

家賃滞納に関しては、入居前の審査で希望者の年収や属性を確認することでリスクを抑えられます。不安がある場合は保証会社を利用すれば、家賃滞納の際も保証会社が家賃を立て替え、家賃回収まで代行してくれるのです。信用度合いに応じて、利用を検討するといいでしょう。

アパートの老朽化

どのような建物であっても、時間と共に劣化し、壁紙の張替えやエアコンの交換が必要になります。老朽化は賃貸経営をするうえで避けて通れない問題です。

壁紙の張替え程度であればそれほど費用をかけずに済みますが、建物の躯体や水回りの修繕など費用が高額になる箇所もあります。賃貸でも古い物件は避けられることが多いため、老朽化したアパートをもち続けていると赤字になる可能性が高くなるでしょう。

アパートの老朽化対策として、長期的な修繕計画と定期的なメンテナンスの実施が挙げられます。壁のひび割れから水漏れが起こる前に穴を埋めたり、金属の階段や手すりが錆びたら塗り替えたり、劣化が軽いうちに対処することで修繕費用を抑えられそうです。最終的にアパートを何年経営して売却するのか、大規模修繕を行うのかなど、出口戦略を決めておくことも重要になるでしょう。

価値の低下

賃貸経営では周辺環境の変化によって、物件の価値が急落してしまうことがあります。キャンパスや企業の移転に関しては、不動産オーナーの努力で解決できるものではありません。大切なのは、物件購入時に充分な市場環境調査をすることです。

駅に近い便利な物件は資産価値が安定しており、入居者を集めやすいだけでなく、売却時にも売りやすいというメリットもあります。自分が所有する物件の価値に影響する変化がないか、周辺環境の状況を定期的にチェックしておくことも大切です。

所有しているアパートの資産価値が低下してしまった、あるいは低下しそうな場合は、早めに買い換えや売却をして損切りすることも検討するとよいでしょう。早めに動くことで、損失を最小限に抑えられます。

自然災害による損失

台風や集中豪雨、地震や火災などの災害によって、建物そのものが倒壊してしまうこともあります。災害を100%防ぐ方法はないので、賃貸経営をしている間は、万が一災害にあった時の備えとして、必ず保険に加入しておきましょう。

火災保険はローンを組む際の必須条件になっているため、ほとんどの人が加入しています。しかし、地震保険は任意なので加入していない人もいるのです。地震のリスクを軽視せず、火災保険と地震保険の両方に入ることをおすすめします。

 

賃貸経営を行う上では、さまざまなリスクがあります。しかし、どの問題も事前に対策をすることで発生を未然に防いだり、損失を補填したりできるのです。賃貸経営を成功させるためには、さまざまなリスクに対して事前に備えておくことが重要となります。紹介した内容を参考に対策を講じ、リスクを最小限に抑えた賃貸経営を行ってください。

【東京】賃貸・アパート経営におすすめの不動産会社ランキングはこちら

サイト内検索
記事一覧

【東京】不動産業者ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社フェダー
エステート
シマダアセット
パートナーズ
株式会社
株式会社セレ
コーポレーション
株式会社
ビーフンデザイン
一級建築士事務所
株式会社シノケンプロデュース
おすすめポイントデザイン性、コストVEの高い賃貸物件を提案需要の高まる高齢者、外国人を積極的に受け入れ若者向け、首都圏に絞って運営している会社建築士ならではのおしゃれな物件づくり首都圏を中心に土地探し、施工、管理業務まで
詳細リンク